コロナの自宅隔離生活で気付かされた子供との時間の過ごし方

コロナ隔離期間中の過ごし方

息子が新型コロナに感染してしまったので、家族全員濃厚接触者になってしまいました。

今のところ感染しているのは息子だけなので、他の家族と隔離しての生活になりました。

息子は自宅の2階の1部屋に隔離し、他の家族は1階で生活していました。

自宅隔離期間に何事もなければ11日間で解除になるので、その間の予定は全てキャンセルしました。

学校はもちろん休んでいますが、習い事なども全てお休みです。

幸い息子は悪化することなく順調に回復したので3日目からはもう元気を持て余していました。

今回、思いがけず息子がコロナに感染してしまい自宅での隔離生活に入りました。

自宅隔離生活で一番大きいのは、社会と完全に断絶しているような気分になったことです。

これが悪いという訳ではなくて、今回体験してみて忘れていたり気づいていなかったことを知るきっかけになりました。

子供との時間の過ごし方

コロナになってしまったものは仕方ないので、学校・習い事・仕事など予定の全てがキャンセルになりました。

日々の生活の中で、家族全員のスケジュールが空白になったことなどなかったのでまず一番にそのことにとまどいました。

子供達は学校の授業にオンラインで参加できるので、息子の体調が回復してからはオンライ授業で通常通りの時間で学校がありました。

それでも普段は、電車通学しているため最寄りの駅まで送迎していたので送迎が必要ない分、時間に余裕があります。

学校以外の予定はないため、それ以外の時間は何をして過ごすかをいろいろと考えました。

息子はコロナに感染しているため2階の1部屋に隔離していたため、1人で過ごしてもらうしかありません。

子供部屋にはまだ置いていなかったTVとSwitchを別の部屋から移動したので、好きなゲームやYoutube・映画やドラマを思う存分楽しんでいたようです。

料理やお菓子作をじっくりと

私は小1の娘と一緒に過ごす時間が大幅に増えました。

買い物に気軽に行けないため、家にあるものでちょっと手間のかかる食事やお菓子作りをしました。

ネットスーパーを利用したり、近所に住む親戚に買ってきてもらうこともできたのでどうしても食べたくなれば買ってきてもらうことは可能でした。

なかなか気軽にというわけにはいかないので、買いに行けないとなるとケーキや和菓子が食べたくなってしまうんですよね。

小1の娘は、お手伝いしたがるお年頃なので食事を作る時も気分でやりたくなったらキッチンに来ます。

これまで自分に余裕がないとついつい難しいことや危ないことに根気よくつきあってあげることができていなかったことに気づかされました。

何の予定もなくなってみてじっくり娘と接することができていることに気付いたんです。

ちょうど買っていた苺が冷蔵庫に入っていたので普段作ったことのない苺大福や葛餅などの和菓子に挑戦しました。

いちご大福

娘がいちご大福が大好きなんですが、家族分買うと結構お高いので思う存分食べてみたいと話していたことを実現してみました。

熱いうちに生地のお餅をのばしてあんこをくるむのが結構難しくて、中に苺も一緒に包むのはさらに大変だったので、大福を作って後からお餅に切り込みを入れて苺を挟むタイプにしました。

見た目はイマイチですが、味も食感もいい感じで美味しくできました。

お餅をこねたり、伸ばしたりするのが子供にとっては楽しいようです。

娘は、自分で作った苺大福を食べてとっても満足そうでした。

お店で購入する場合は、1人1つずつしか買わないのでもっと食べたくなりますが、どんなに好きでも何個も食べられないということにも気付いたようです。

バナナとくるみのパウンドケーキ

ある日には、簡単にホットケーキミックスでバナナとくるみのパウンドケーキを作りました。

娘がバナナをつぶしたり、輪切りにしたりしてくれましたがゆっくり包丁を使ったりできるのも時間にゆとりがあるからゆったりとした気持ちで見ていられました。

水まんじゅう

お土産でいただいた葛粉があったんですが、なかなか使えてなかったので今回、買い出しに行けないこともあって自宅にあるもので作ろうと水まんじゅうも作ってみました。

水まんじゅうも熱いうちに生地をのばしてあんこを包むのが難しかったのですが、娘と一緒にくるみました。

見た目はキレイにつるんとさせることがなかなかできなかったんですが、味は美味しかったです。

いちごが残っていたのでいくつかイチゴを挟んで苺大福風にしてみたんですが、苺大福とはまた違った食感で美味しかったです。

心のゆとりを持つことの難しさ

お菓子作りや料理を娘と一緒にゆっくり作ることができることの贅沢さというか楽しさを実感する日々です。

毎日忙しいと時間に追われているのでついつい自分がやってしまった方が早くキレイにできると手を出しがちですが、時間があると心にゆとりが生まれて違った気持ちで楽しむことができました。

せっかく時間があるこんな時だから気づかされた子供との時間の過ごし方やその大切さをあらためて実感できました。

頭ではわかっていても心にゆとりを持った子育てって本当に難しくて、日頃いかにできていないか反省です。

コロナがきっかけであらためて子育てについて考えさせられる機会になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA