GPS BoT【子供見守りGPSサービス】2年使用レビュー・解約方法は?

GPS BoTレビューTOP

もうすぐ春、新入学シーズンがやってきます。

我が家も下の娘が小学校入学を迎えます。

上の子は現在小学3年生ですが登下校が心配なので、入学時から小型のGPSを持たせました。

購入したのは、BsizeのGPS BOTという子供見守りサービスの小型GPSです。

GPS BOTを約2年半使用したので、口コミ・使い方などをまとめました。

 

この記事はこんな方に読んで欲しい
・子供の見守りサービスを検討中の方
・GPS BoTのレビューが知りたい方

GPS BoTとは?

Bsize(ビーサイズ)株式会社が提供している見守りサービスです。

5cm四方の四角い小型のGPSが子供の居場所を教えてくれます。

ただ位置を確認できるだけのGPSではなく、AI(人工知能)が搭載されていて、子供の行動を学習しながら見守ってくれるGPSロボットです。

一番の目的である子供の居場所が把握できることはもちろんですが、子供の行動を学習して、普段とは違う動きをすると通知してくれます。

AIみまもりロボットと掲げているだけあって、小さなGPSが子供を見守ってくれます。

GPS BoTの利用方法は?

子供の居場所

本体を購入して、スマホアプリから登録するだけで子供の位置情報を確認できます。

利用には、月額利用料がかかります。

 

GPS BoTにかかる費用は?

本体価格5,280円(税込)

月額使用料528円(税込)です。

本体を購入すればあとは毎月の月額料金のみで使用できます。

契約事務手数料・サーチ料など他にかかる費用は一切ありません。

本体を1度買い切りで購入すれば、月額利用料のみで使えるのがシンプルでわかりやすいシステムです。

契約期間に縛りもないので、不要になればいつでも解約できます。

本体が買い切りとなるので、休会のような一定期間サービスを止めることができません。

使わない場合は解約以外に方法がありません。

一度解約した端末は、再度使用することができないため、再開したい時は再度本体の購入が必要になってしまいます。

子供の夏休みの間だけお休みするといった使い方はできません。

長期休み中も習い事やお友達と遊びに行く時に持たせれば安心です。

 

GPS BoTの特徴は?

仕様

画像出典:GPS BoT公式HP

サイズ

50×50×18mm

重さ

46g

ホワイトのみ

充電端子

USB Type-C

バッテリー

リチウムイオン電池1400mAh

 通信方式

LTE-M

 通信可能エリア

ドコモLTEエリア

測位方式

GNSS( GPS / みちびき QZSS / BeiDou / Galileo / SBAS )
アシストGPS( A-GPS )
クラウド測位( WiFi / 携帯基地局 )
モーションAI( 加速度 / ジャイロ )

サイズは5cm四方なのでとってもコンパクトです。

安心の日本製

我が家が使っていたのは第1世代ですが、新たに第2世代が発売になりバッテリーの持ちが改善されています。

最短1.5分、バッテリー優先モードで3分間隔で自動的に現在地をサーチしてくれます。

満充電まで、3〜4時間程度です。

バッテリー優先モードで使用すれば、約1ヶ月使用できます。

子供に持たせるので丈夫なのも大切です。

生活防水・防塵(IP55)・耐衝撃で頑丈です。

保証は、購入から1年間です。

注意点として、付属品はありません。

ケーブルなどは付属していないので、充電用のUSB Type-Cケーブルは自分で用意しなければなりません。

最近は、100均でも購入できるので別途購入してください。

 

GPSの精度についての考え方

名探偵コナン

GPSについてですが、購入する前のイメージとしてTVドラマなどで見かけるように、GPSがあれば今どこにいるか正確な位置が瞬時にわかると思っていました。

これはGPS BoTに限らず、キッズケータイのGPSと自分の持つスマホのiphoneの【端末を探す】の機能を比較してみて同様に感じているんですが、そこまで精度は良くないということです。

ドラマで出てくるような警察が捜査に使うようなGPSはもっと高性能なものなんだろうと思います。

ボタンみたいなサイズのGPSを服やカバンの底にポチッとつけて居場所がわかる、コナンくんが使っているようなものが理想だったんですが、見つけることができませんでした。

子供の見守りサービスのGPSは、場所によっては地図で確認しても数m〜100mくらいの誤差があります。

自分のiPhoneの端末をサーチしても、自宅から数軒隣の家あたりに表示されることがあるので、ピンポイントに確実な精度でわかるGPSをお求めの方は、プロ仕様のものがあるのかもしれません。

ランニングコストや本体代金などが高すぎても日常使使いできないため、子供の見守りサービスは、ざっくり子供の動きがわかればいいという方にオススメします。

我が家では、防犯目的もありますが、だいたい何時に学校から電車に乗ったかや、今どの辺にいるかを知りたかったことです。

電車に乗ったことがわかれば、そこから逆算してお迎えに行くことができるからです。

GPSの精度は、機種や測位方式で変わってきますが、割と誤差があります。

 

2年半使用したレビュー

GPS BoT

現在小学3年生の息子の入学時に購入してから約2年半使用していました。

我が家が使用していたのは、第1世代なので現在、販売されている第2世代はいろいろ改善されていてうらやましい限りです。

第1世代を愛用していましたが、使用してきたレビューをまとめました。

GPS BoTは我が家の使用目的に合致していたので本当に便利でお世話になりました。

バッテリーについて

第1世代は、バッテリーが1週間程度しか持たないものでしたが、約2年半使用するとバッテリーがダメになってきて2〜3日おきに充電が必要になってしまいました。

バッテリー容量が、第1世代の800mAhから第2世代は1400mAhと大幅に増えました。

第2世代のバッテリーは、1ヶ月程度持つので非常に魅力的です。

バッテリーの持ちが悪くなり買い替えを検討しましたが、子供がまもなく4年生になるためそろそろスマホを持たせることに決めました。

iPhoneの位置情報を共有できるようになったため、この度BoTは解約しました。

バッテリーだけはスマホなどと同じで長い間使用していると劣化してくるため、3年目には2日くらいしか持たなくなってしまっていたので、充電が面倒でした。

第2世代が発売となり、バッテリーが大幅に改善されたので複数年使用しても、もう少し持ちがいいと思うのでうらやましいです。

本体について

こまめに充電しなければならなくなったのが面倒でしたが、本体自体は丈夫だったので長持ちしてくれてありがたかったです。

約2年半使用しましたが、ほぼランドセルに入れているだけで、たまに学校外の場所へ持たせる時のみケースをつけてぶら下げたりしていましたが、壊れず使用できました。

 

使い勝手について

とにかくシンプルです。

本体自体は、四角い箱体なだけでコロンとしたフォルムのとってもオシャレなデザインが気に入っていました。

本体には充電用の端子があるのみで、音がなったりするような機能はないため充電する以外は取り出す必要がありません。

 

GPS BoTのGPS精度について

上記にGPSの精度の考え方について書いたのですが、多少の誤差があります。

うちの子供の移動経路上では、私のiPhoneの端末を探すと大差ありませんでしたが屋内や地下など使う場所によっても大きく変わります。

子供が電車通学なため、お迎え時間を逆算できることが本当に便利でした。

そういった使い方をするならば十分な精度といえます。

 

GPS BoTのメリット

使用して感じたGPS BoTのメリットについてまとめました。

本体代金・月額使用料が安くてわかりやすい

本体5,280円・月額528円のみで使用できるのできリーズナブルですし、料金体系がキッズケータイと違ってとってもシンプルでわかりやすいです。

毎月528円のみがクレジットカードから引き落とされていました。

 

移動履歴がわかる

移動履歴は、一度朝の登校時に電車で寝過ごして学校に遅刻したのですが、移動履歴を見て理由がわかって納得したことがあります。

どんなところに寄り道してるかすぐにわかります。

画像出典:GPS BoT公式HP

サーチ料金がかからない

キッズ携帯のGPSサービスなどは、子供の位置情報を調べるたびに都度、料金がかかります。

たとえ5円くらいだとしても料金がかかると、気軽に子供の位置を調べにくいので、GPS BoTはサーチ料が不要なのが良かったです。

好きな時に何度でも子供の位置を確認できます。

 

複数人で見守ることができる

我が家は子供のお迎えのタイミングを図ることが第一の目的だったため、私以外に夫と祖父母のスマホにもBoTアプリを入れて子供の位置が確認できるようにしていました。

私と夫が仕事でどうしてもお迎えに行けない時は祖父母にお願いしていたので、祖父母もそれぞれスマホで位置が確認できるのが大変ありがたいです。

他社GPSやキッズケータイでは、1人しか登録できないものもありますが、BoT何人追加しても無料で位置情報が共有できます

 

AIが行動パターンを学習してくれる

みまもりロボットというとりAIが搭載されているので、子供の行動パターンを学習してくれます。

いつもと違う動きをした時やいつもの場所へ到着した時などに通知してくれます。

画像出典:GPS BoT公式HP

GPS BoTのデメリット

使用して感じたGPS BoTのデメリットについてまとめました。

端末の再利用不可、休会できない

GPSを使わない時期があっても休会できません

端末を解約するしかないのですが、解約すると同じ端末は使用不可のため再開するなら、新たに本体を購入しなければなりません。

自分の求めている使い方にあっているか、満足いく測位精度なのかは使用してみなければわかりません。

端末買切りについては、他社で2年間の利用料金込みのGPSも販売されています。

こちらも端末は解約後に使えなくなるものがほとんどなため、GPS BoTに限ったことではありません。

2年縛りの料金で購入した場合より、短期間で解約する場合はBOTの方が費用が安く済みます。

 

バッテリーが劣化する

2年使用するとバッテリーの持ちがかなり悪くなりこまめな充電が必要でした。

第2世代になってバッテリー容量が大幅に増えたので、バッテリーの持ちは良くなりましたが、あくまで消耗品なのでバッテリーの持ちが悪くなると買い替えが必要になります。

我が家は、最後の方は毎日充電して使っていましたが、1日持てば十分であれば充電の手間の問題だけで結構使い続けられそうでした。

 

口コミ・評判について

Amazonの口コミを見てみると、賛否両論ありますが上記に記載したGPSの精度の期待値と認識のズレが理由なものが多く見受けられます。

・GPS精度が悪く、契約形態が悪質。月額有料なのに、GPS精度が悪すぎて役に立たない。月額利用を解約すると、購入したBOT本体は再利用不可という仕様も悪質。

既存契約での端末の交換はできません。バッテリーが弱くなってきたので、交換のために新しいの買いました。ただ、旧端末を解約して新端末で新規契約しなければならず、解約は日割りも対応しておらず、多重で月額料金が発生することが分かりました。交換のために買うときは注意が必要です。
Amazonレビューより

バッテリーは消耗品と割り切るしかなく、長期間に渡って使用する予定だと途中で買い替えが必要になります。

Twitterなどの評判もみてみました。

解約方法について

公式HPの解約申込からPCで簡単に解約できたので、とてもわかりやすいです。

即時解約か課金している月の最終日までの利用か選べます。

GPS BoT解約

どちらか選べば解約完了です。

GPS BoT解約完了

一度解約手続きしてしまうと、取り消すことはできません。

解約済みの端末は再利用できないため、もしやっぱり続けたいとなっても再度、新しい本体を購入しなおすことになりますのでお気をつけください。

春から下の子が小学校に入学するため、今度は下の子に持たせるGPSを検討しています。

キッズケータイにするか小型GPSにするか悩ましいですが、GPSサービスに他社が参入してきて選択肢が広がったので新たによく検討していきたいです。

 

おすすめ小型GPS

春から新たに下の子に何を持たせるか調べていましたが、使い勝手がよくわかっているGPS BoTの第2世代が第1候補です。

GPS BoTの不満だったバッテリーが大幅に長持ちするようになっていたので、もうこれに決めかけていましたがもう1つ同じくらい素晴らしいサービス内容のGPSを見つけました。

写真共有アプリ「みてね」を運営しているmixiから新たな見守りサービス【みてねみまもりGPS】の提供が20213月上旬から始まることがわかりました。

こちらは3月8日発売で現在、先行予約受付中です。

初回生産分のみリリース記念特別価格で本体代金が通常5,280円のところ3,800円Amazonで予約受付中です。

料金や機能・バッテリー容量が似ているのでサービス開始が楽しみです。

キッズケータイVS 小型GPS

【子供の見守りGPSの選び方】キッズケータイと小型GPSの違いは?どっちがおすすめ?

2021年2月10日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA